2019年11月23日

断熱材と洪水

スモリの家郡山店の菅野でございます。

ご存知のように福島県は台風19号の豪雨による

洪水にて大きな被害が発生しました。

スモリの家でも他社でお建てになられ浸水被害

に遭われた方のお住まいの復旧工事をさせて頂

いております。工事をさせていただいたお住ま

いの多くには断熱材にグラスウールが使用され

ておりました。

IMG_7410.JPG

グラスウールは基本的に優れた性能の断熱材です。

しかし、ウレタンやスタイロ系の断熱材と違い

保水性が高いため水を吸収してしまうと乾きにく

く断熱性能も著しく低下してしまいます。

そのため撤去した後、新たな断熱工事が必要です。

一般的に住宅の断熱材については洪水等による

浸水までは想定していないかと思います。

建物の工法によっては断熱材の取り出しも大掛か

りになってしまう事もあります。異常気象が異常

ではない昨今、想定外の事態も考えご提案させて

いただく必要性を強く感じました。






posted by スモ象 at 19:19| Comment(0) | 更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。